研究会や勉強会を開催し、会員相互の知識・技術の向上を図ると同時に、反応点治療の普及を目指す研究会

反応点治療研究会公式サイト

メニュー

ようこそ反応点治療研究会へ

2018年12月29日に反応点治療研究会さんが掲載

顧問 博士 河村廣定

私どもは反応点治療を習得した鍼灸師の集まりです。

現代医学をもってしても適切な治療法が見つからない患者さんがおられます。また、単に苦痛を無くすだけでなく、「もっと元気に、より美しくなりたい」とのご希望をお聞きしたとき、より根本的な治療をしなければと考えました。そして、自律神経を介して皮膚に影響する自律神経反射を観察することで、つらさや隠れた疾病も同時に治療する「反応点治療」を開発しました。

今日では、研究会や勉強会を開催し、会員相互の知識・技術の向上を図ると同時に、反応点治療の普及を目指しています。

  1. 職人の手を育てています
    内蔵の不調やつらさは、自律神経を介して皮膚に現れます。私どもは、その皮膚に触れることで、辛さの原因を見つけることができます。会員は自律神経機能の結果を指先で感じるための訓練を行なっており、いわば職人鍼灸師とも言えます。
  2. 反応点は自律神経反射です
    本来自律神経は、体の環境を改善し、疾病を回復させようと働いていますが、疾病やストレスなどよってその働きが低下します。反応点の治療は自律神経の働きを調整して、細胞環境の改善や疾病の治癒へと導きます。
  3. インフォームドコンセントによるオーダーメイド治療
    お一人お一人に合わせ、その方の体に何が必要か?治療によって何が得られるか?を、説明することを大切にしています。そして説明した通りの治療結果を招くことができると考えています。

どうぞ反応点治療にご期待をお寄せください。