研究会や勉強会を開催し、会員相互の知識・技術の向上を図ると同時に、反応点治療の普及を目指す研究会

反応点治療研究会公式サイト

メニュー

反応点治療を体験していただきたい

2018年12月30日に反応点治療研究会さんが掲載

会長 岸本直樹

私たちが実践する反応点治療は、顧問・河村廣定博士が考案した治療法です。

その特徴は指先の感覚をとても大切にしていることです。疾病や身体のトラブルは、皮膚上に反応点として現れます。私たちはこの反応点を探り、身体の状態を確認することで治療を組み立てます。同じような症状でも治療が必要なポイントは患者さんによって異なる場合があります。また日によってコンディションも変化するものです。

反応点治療では皮膚から感じ取った情報を基に治療をおこないますので、それぞれの患者さんに最適な治療が可能であると言えるでしょう。また自覚症状の無い身体の不調や、痛み以外の治療にも対応できるのです。

肩こりや腰痛をはじめ、自律神経系のお悩みやめまい、不妊のお悩みなど、今まで思うような結果が得られていない患者さんも多く来院されます。

最近では鍼灸治療に期待されるニーズも多様化し、鍼灸治療への期待も大きくなっていると感じています。鍼灸治療をまだ経験されたことのない方、もう自分の症状は良くならないと諦めている方にも是非反応点治療を受けていただきたいと思っています。また、当ホームページでは会員の書いた治療報告集を掲載しておりますので、こちらもあわせてご覧下さい。

一人でも多くの方に反応点治療を体験いただき、元気で幸せな毎日を過ごしていただきたいと願ってやみません。